【期間限定】KKdayのオプショナルツアー  10周年スペシャル割引開催中!(2024年6月30日 まで) - Thai Blog
【期間限定】KKdayのオプショナルツアー 10周年スペシャル割引開催中!(2024年6月30日 まで) - Thai Blog

thaihoteleasy.com

バンコク〜パタヤ間貸切チャータータクシー(KKday)

kkday貸切タクシー
  • 空港〜パタヤ市内ホテル間を手軽に移動
  • Grab・Boltよりもお得!
  • 1350 THBから

本記事リンクには広告が含まれています。 タイ旅行

【タイ旅行】ワット・サケットの行き方・バンコクおすすめ穴場スポット紹介

【タイ旅行】ワット・サケットの行き方・バンコクおすすめ穴場スポット紹介

タイ・バンコクに何度も遊びにきたので、バンコク近郊の穴場スポットを探している方。

この記事では、おすすめの穴場スポット ワット・サケットをご紹介します。

ワット・サケットはバンコク市内からは1時間弱で行けるお寺です。

丘の上に黄金の仏塔が立っていて、「Golden Mountain」、タイ語では「プーカオトーン」と親しみをこめて呼ばれているお寺です。

日本人の観光客は少ないですが、欧米の観光客はたくさん見かけました。

ワット・サケットの概要

ワット・サケットは、独特な建築様式とデザインで有名となっているお寺です。

山の上の建てられた黄金の仏塔からは、バンコク市内の美しい景色を360°見渡すことができます。

ワット・サケットは、18世紀から19世紀の初めにかけて、ラマ1世によって建設されました。

その後、ラマ5世の時代に小高い丘と黄金の仏塔が追加されました。

この丘は、別名「プーカオ・トーン(黄金の丘)」と呼ばれ、地元のタイ人だけでなく観光客にも人気のスポットとなっています。

名称 ワット・サケット
名称(タイ・英) วัดสระเกศ(Wat Saket)
営業時間 7:30 - 19:00
入場料 100バーツ
住所 344 Thanon Chakkraphatdi Phong, Ban Bat, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
アクセス センセープ運河ボート・Panfa Leelard Pierから徒歩5分
MRTサムヨート(Sam Yot)から徒歩15分

ワット・サケットの行き方

ワット・サケットの場所

バンコクの中心部からワット・サケットまでの主な移動方法は次の4つです。

  • タクシーや配車アプリで移動
  • BTSサイアム駅からバスで移動
  • MRTサムヨート駅から徒歩
  • センセープ運河ボートを利用

Yoshida
Yoshida

旅行気分を味わいたいなら
センセープ運河のボートがおすすめですよ。

タクシーや配車アプリで移動

タクシー利用の際は、運転手との交渉が必要な場合があります。

タイ旅行に慣れておらず、タクシーの運転手とのコミニュケーションに自信がない方は、GrabかBoltなどの配車アプリの利用をおすすめします。

タクシーで行き先を告げる時は、ワットサゲートまたはゴールデンマウンテンと言えば通じると思います。

無理な場合は、スマホで地図を見せるとよいでしょう。

BTSサイアム駅からバスで移動

ワット・サケットの周辺にはバス停があるので、バスに乗り慣れている方はバスで向かうのもよいでしょう。

BTSサイアム駅からの場合、

サイアム・スクエア(Siam Square)バス停から、15番のカオサンロード方面行きのバスに乗ってワット・サケットバス停で下車。

その他のルートとしては、

BTSサナムパオ駅から4番のバス

MRTフアランポーン駅から35番のバス

などがあります。

バンコクのバスについては、VIA BUSというアプリがとても使いやすいのでおすすめです。

MRTサムヨート駅から徒歩

電車の駅から徒歩で行く場合、最寄駅はMRTサムヨート駅になります。

1kmと少しありますので15分〜20分かかります。

センセープ運河ボートを利用

1番のおすすめルートは、センセープ運河エクスプレスボートを使ったルートです。

料金は移動距離に応じて8~20バーツ。

このボートは、センセープ運河を航行する船で、地元のタイ人が普段の交通の足として利用している船です。

ワット・サケットは、プラトゥーナム船着場から4つ目の船着場「Panfa Leelard」です。

BTSチットロム駅から、セントラルワールドを左手に見ながら北に徒歩約10分。

運河が見えてきたら、そこがプラトゥーナム船着場です。

プラトゥーナム船着場
ボートの乗り方

船は約10分毎に到着します。

船に乗り込んだら、係員が料金を集めに来ます。

行き先を伝えると料金を教えてくれるので、行き先までの現金で支払います。

目的地の船着場の名前は「Panfa Leelard」という名前ですが、「Wat Saket(ワット・サケット)」で通じます。

ボート内の様子

結構早いスピードで進むので、スリリング感も味わえて楽しいですよ。

ワット・サケットの見どころ

入口からチケット売場のルート

境内マップ

入口を入って、右に進んでいくと仏塔の登り口のチケットブースがあります。

入口から見た仏塔

ワット・サケットの入口の風景。

テーマパークの入口のような雰囲気で楽しくなります。

arrow_circle_rightスクロールできます

願い事の木
黄金の葉の御札

敷地内では、黄金の木の葉に願い事を書いてお祈りしています。

チケット売り場

仏塔への344段の階段

arrow_circle_rightスクロールできます

The Golden Mount
344段の表示
仏塔への階段

拝観料を支払ったら、丘の頂上の仏塔に向かいます。

階段は全部で344段。

階段の段差はそれほど大きくないですが、頂上まで上がるためにはそこそこ疲れます。

昼間の暑い時間帯に訪れる方はご覚悟を。。。

喜んでる人
喜んでる人

暑くなる前の、早朝に参拝するのがおすすめです。

arrow_circle_rightスクロールできます

階段の横には、たくさんの種類の石像やモニュメントがならんでいます。

独特の雰囲気を感じながら階段を上がると、とても楽しくて疲れも忘れてしまいます!

蓮の花がとても綺麗でした。

頂上から眺めるバンコクの風景

仏塔に到着しました。

ここからは靴を脱いでさらに上がっていきます。

arrow_circle_rightスクロールできます

仏塔内部にはたくさんの仏像が並んでいます。

地元のタイ人も大勢参拝していました。

いよいよ屋上の展望エリアに上がっていきます。

 

黄金の仏塔
エメラルド色の仏像
バンコクの風景
バンコクの風景

仏塔の展望台からバンコクの風景を360°見渡すことができます。

仏塔の屋上からの眺めはとてもすばらしいです。

バンコク穴場スポット ワット・サケットのまとめ

この記事では、バンコクの穴場スポット『ワット・サケット』を紹介しました。

344段の階段は、少し疲れますがとても良い雰囲気なので楽しみながら登れます。

頂上の仏塔からはバンコクの風景を360°楽しむことができます。

また、夜にはライトアップされるので、夜に見にくるのもいいですよ。

ワット・サケットへの行き方は、センセープ運河エキスプレスボートで行くのがおすすめです。

バンコクのローカル感を感じられて、とても楽しい時間を過ごすことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-タイ旅行
-